『WEBマーケター底上げ』サロン

時代が変わっても、
マーケターとして第一線で活躍し続けるための
「本質的スキル」を学ぶオンラインサロン!

ビジネススキル・イノベーション

"Practise what you know, and it will help to make clear what now you do not know."
あなたが知っていることを繰り返し実践しなさい。
そうすれば、今のあなたが知らないことを明確にできます。
レンブラント

底上げサロンは、WEBマーケティングのパイオニアとして、
第一線で活躍するエキスパート達が、協働的に学ぶためのコミュニティです。
よりよき社会基盤を構築するため、よりコアな(中核をなす)ビジネススキルを持った
次世代のリーダーを輩出するため、創設されました。

  • 常に時代の一歩先を行く「スペシャル(専門)スキル」
  • トレンドに左右されない「コア(核)スキル」
  • 自分自身、チームの潜在的な可能性を活かす「ヒューマン(人)スキル」

私たちは、年齢、性別、学歴、キャリアを問わず、「自身のビジネススキルにエンパワーメントしたい」と考える、
同じ志を持つメンバーを求めています。

トレンドの変化に左右されず、時代が変わっても第一線で活躍し続けるWEBマーケターを輩出するため、それぞれが持つ才能の底上げに繋がる「学びと実践の場」を提供するのが、私たちの活動目的です。

激動の時代を生き抜くための
「本質的なスキル」

2020年に起こったCovid-19のパンデミックにより、半ば強制的に、さまざまな業界で働き方のアップデートが起こりました。

それは、個人の能力が問われる時代が到来したことを意味します。

変化が激しく、多様性に富む時代を生き残るためには、会社組織・体制が突きつけるルールから自由になり、より自らにとって良い影響を及ぼす環境を選び取らなければなりません。

多様性が重要視される時代において、より自身のアイデアを活かせる環境、同じ業界で働くライバル達と差別化するためには、成長の起爆剤が必要となります。

多くの人は、WEBマーケターとして、SEO、リスティング広告、SNS、WEB制作、CRMなどの、スペシャル(専門)スキルを極めることで、更なる成長を図ろうとします。

しかし、スペシャル(専門)スキルは、上級者になるほど差別化、安定的な成長が難しくなるため、ひしめき合うライバル達との競争に勝つためには、日々の過酷なトレーニングが必須となります。

今の時代にスペシャル(専門)スキルのみでトップクラスの人材であろうとすることは、アスリートがオリンピックを目指し、日々過酷なトレーニングを繰り返すことに等しいのです。

難解なビジネスの世界を解き明かすための
「スキル深化の3階層」

時代が変わったとしても、ビジネスシーンでより良い結果を出すためのスキルは3つ存在します。


それは「スペシャル(専門)スキル」に「コア(核)スキル」「ヒューマン(人)スキル」を加えた3つであり、私たちはそれぞれスキルとしての汎用性、普遍性、習得難易度が段階的に異なると捉えています。

スペシャル(専門)スキル
(WEBマーケスキル:SEO、リスティング広告、SNS、WEB制作、CRMなど)
専門的で、それぞれの領域に特化したスキル。ビジネスを行う上で必須ではあるが、時代と共に短命化しやすいスキル。

コア(核)スキル
(ビジネススキルと論理的思考スキル)

ビジネスを軌道に乗せるための経営知識、施策ではなく課題に軸足を置いた論理的思考スキルなど、これらは習熟に時間は要するものの、中長期での活躍を可能にするスキル。

ヒューマン(人)スキル
(愛と想像力)

相手の心理状態に想像力を働かせ、無用なトラブルを避けることで、仕事だけでなく人生まで充実させ得るスキル。

私たちが出会った多くの悩めるWEBマーケターの中には、この3つスキルのうち「スペシャル(専門)スキル」に通じ、実際に優秀な成果を残しているプロフェッショナルも多く存在しました。

しかし、WEBマーケティングスキル(SEO、リスティング広告、SNS、WEB制作、CRMなど)は、単体では枝葉に別れたスキルであり、時代とともにニーズが変わり、これだけではサステナブル(持続)性に欠けています。

「底上げサロン」に辿り着くWEBマーケターは、皆一様に、大小の差はあれ、その事実に自覚的です。

私たちの活動目的は、これからの社会の発展を加速させる人材を輩出するための示唆を提供し、WEBマーケターが「より本質的なスキルを身につけ、前向きに成長できる環境」を形作することにあります。

そして、ゆくゆくは「底上げサロン」が輩出した人材が、日本という枠組みを超え、アジアだけでなく、世界で活躍していくための試金石にしたいと考えています。

「底上げサロン」でエンパワーのために得られる
5つのバリュー(価値)

「底上げサロン」は、将来を見据え、トレンドの変化に揺るがない、本質的なスキル獲得を熱望するWEBマーケターにとって、有意義なコミュニティです。

WEBマーケティングの専門家としてだけでなく、クライアント、エンドユーザーへの深い理解を通し、中長期的な目線での明確な説明責任、アプローチを実行できる専門家を世に送り出します。

そのために、「底上げサロン」では5つのバリュー(価値)を提供しています。

「時代が変わっても第一線で活躍し続けるWEBマーケター」への道は、ここから始まります。

バリュー1

トレンドに左右されない「本質的なスキル」の醸成

2020年代に突入し、WEBマーケティングにおけるメタトレンドの変化スピードは、ますます加速しています。
急激な変化が続く現代ビジネスシーンにおいて、WEBマーケティング(SEO、リスティング広告、SNS、WEB制作、CRMなど)のスペシャル(専門)スキルは、一時的には素晴らしい成果を与えてくれたとしても、トレンドの変化次第では、たちまち市場で通用しない、古いスキルとなってしまいます。

さらに、これらスペシャル(専門)スキルは競合性も極めて高く、キャリアを重ねれば重ねるほどライバルがひしめき合い、成長速度は鈍化してしていってしまいます。

しかし、WEBマーケターの成長を加速させる起爆剤は、スペシャル(専門)スキルだけではありません。

習熟には多くの時間が必要ではあるものの、より本質的で、業界間を跨いだ横断的な活躍も可能にする「コア(核)スキル」「ヒューマン(人)スキル」を身につければ、緩やかになった成長曲線にインパクトを与えるトリガーとなります。



自身の習得したスペシャル(専門)スキルを活かし、中長期的に活躍できる人材となるためには、それを支える本質的なスキルの醸成が不可欠です。

「底上げサロン」では、主催者の上野からは勿論、各分野に精通している現役のプロフェッショナルから最先端のスペシャル(専門)スキルを学べると同時に、まだあまり多くの人がその価値、重要性に気づいていないコア(核)スキル、ヒューマン(人)スキルについても学べます。


スペシャル(専門)スキルに限って言えば、「底上げサロン」以外にも、有意義な学びを得られる素晴らしいコミュニティは数多く存在します。

しかし、私たちはトレンドに追従し続けるビジネスのリスクをよく理解しています。

だからこそ、自身の成長に限界を感じたWEBマーケターを支援するため、より本質的なスキルを体系化し、共有に取り組んでいます。

バリュー2

独立後に熾烈な争いを勝ち抜くための「価値の高い仕事」の提供

w高い志を持ち、独立したものの、自身が理想とする案件の獲得に苦労するWEBマーケターは少なくありません。

たとえ、どれだけ特定領域のスペシャリストであったとしても、企業組織の枠組みから抜け出した途端、思いもよらぬ困難に直接する場面は多くあることでしょう。

いずれは企業から独立したい、あるいはすでに独立していて、ブレイクスルーの機会を求めているWEBマーケターに対して、「底上げサロン」は中長期的に熾烈な競争を勝ち抜くための思考方法を提供します。

自信のスキルをいたずらに安い金額で売り出す価格競争から脱却し、長期的に活躍し続けるためには「価値(フィー)の高い仕事を受注するスキル」が不可欠です。

昨今のパンデミックによる社会不安により、独立を意識するニーズは確実に高まっています。

「底上げサロン」では、そんな中においても、独立後に持続可能性のある競争優位性を獲得するために、より価値(フィー)の高い仕事にシフトできる、具体的な情報、アドバイスが共有されます。

バリュー3

「良質な知識の源泉」の共有

WEBマーケターが持続的に成長していくためには、日々変化するトレンドに関する情報を収集する必要があります。

良質な情報を手にするためにどうすればいいのか、検討するにはあまりにも現代は学びの選択肢が多すぎます。

インパクトある成長を果たすためには、量を読み、膨大な時間を割くことももちろん大切。

しかし、的確なコンテンツを取捨選択をすれば、より加速度的な発展が可能です。

「底上げサロン」では、主催者上野自身が過去に受講して、学びが深かったスクールや講座内容がシェアされます。

また、サロンメンバーにもより一層の学びを深めてもらうために、有益な講座やスクールを受講してもらい、学びをシェアしてもらうことも定期的にやっています(受講費は底上げサロンが支払う代わりに、メンバーには獲得した知見をシェアしてもらいます)。

バリュー4

「底上げサロン」に属する野心的なビジネスパーソン達との「コネクションの形成」

「底上げサロン」では、WEBマーケターだけでなく、さまざまな領域で活躍しているビジネスパーソンとのネットワークを形成できます。

「底上げサロン」の特徴は、既に独立起業をしている経営者、企業内で重要ポジションに付き組織を牽引するリーダーなど、それぞれの専門領域で活躍する人物達が日々コラボレーションを発揮しています。

高い成果を上げながらも、現状に満足せず、情熱的に研鑽に励む彼らと有意義な関係を築けるのは、孤独な学びでは得られない貴重な体験です。

「底上げサロン」では、さまざまな業種・案件を扱ってきた第一線のエキスパートに対し直接質問をし、新たなスキルの獲得、知見の醸成に繋げられます。

「底上げサロン」内で発生するアドバイスの一例

「底上げサロン」で学ぶ人にはある共通点があります。

それは「世界で活躍できるほどの一流のマーケターになりたい」「さらに価値の高い製品・サービスをリリースしたい」「会社組織に縛られず、個人で社会にインパクトをもたらしたい」など、より困難な課題に目を向けている点です。

こうした、共通の目的を持ち、高い視座、良質なスキルを持つメンバーが集まると、自ずと爆発的なイノベーションが生まれます。

「底上げサロン」は、特定のカリスマ、リーダーがルールを敷く、支配的なコミュニティではありません。

それぞれの参加メンバーが自身の発展に目を向け、主体的により本質的なスキルを身につけていくための、自己表現、情報交換の場でもあります。

小規模で、クローズドなコミュニティだからこそ、良質な情報・意見が毎日のようにグループ内でシェアされ、異業種の参加者間で活発な議論が生まれています。

「底上げサロン」内の交流・学びの場の提供(不定期開催)

また、「底上げサロン」では、リアルな体験がもたらすインスピレーション、友好的コミュニケーションを大切に考え、不定期にオフラインでのイベント・交流会を実施しています(現在はコロナ禍のため、オンラインで開催しています)。

リアルな交流の場で、意見交換、情報共有を行い、パートナーシップを見据えたプロフェッショナル同士のコネクションを形成することは、将来的に大きな課題に直面した際に力を発揮します。

バリュー5

底上げサロン発の仕事を通じた「プラティカルな学び」

より本質的なスキルな知識、スキルを身につけるためには、実践し、経験を重ねる必要があります。

「底上げサロン」では、コミュニティ内で発生した仕事に対し、サロンメンバーを積極的にアサインし、メンバーのキャリアの再構築を支援します。

プロジェクトの発生は、「底上げサロン」のクライアントからだけでなく、内部メンバー個人個人を起点として発生するケースもあります。

すでに各分野の最前線で力を発揮し、各々の領域に特化したスキルを持つ方は、すぐにでも力を発揮するチャンスに恵まれます。

「底上げサロン」の目的は、それぞれが優秀なプレイヤーであり、クライアントに中長期視点での示唆を与えるエキスパートとなるために、参加メンバーの才能を数段上に押し上げることです。社会に貢献するための素晴らしい仕事を通じて、私たちとともに理想とするき未来を作り上げましょう。

「底上げサロン」への参加で
本質的な価値を身につけられる人とは?

  • 社内異動で経験・知識に乏しいマーケティング部門担当になった。
  • 独立起業後に成功するため、すでに大きな成果を出しているWEBマーケターの最先端のノウハウを知る必要がある。組織の枠組みやルールに縛られることなく、自分から主体的にプロジェクトを仕掛けていきたい。
  • 独立したフリーランスとして、安定的に、より高い価値を提供したい。

「底上げサロン」は、より長期的に、情熱を持って仕事をしていきたいと考える方すべてにマッチします。

「底上げサロン」を開設したきっかけは、主催者の上野に届いた、ほんの些細なメッセージからでした。

「会社に縛られずに働ける環境と能力を得たい」

この思いは、現在の私たちの行動規範を形作る、重要なニーズです。

ビジネスという広大なフィールドにおいて、WEBマーケティングは全体の一部分を担っているに過ぎなず、不安感を覚える人は多く存在すると、私たちは確信しています。

「底上げサロン」では、独立起業して間も無く、組織としての成長、収益改善などの面で課題に直面しものの、ほんの些細なきっかけでポジティブな成長を獲得したメンバーの知見や思考を体系化し、同じ悩みを抱える方のために提供します。

クライアントやチームメンバーへの働きかけ方、仕事内容の中身は変わらずとも、ある「ターニングポイント」を経れば、提供可能な価値は急拡大します。

「底上げサロン」で学べるのは最先端の「スペシャル(専門)スキル」だけではありません。

急速な変化の中において、確実な成長を遂げるための「コア(核)スキル」「ヒューマン(人)スキル」も含まれ、それらは「スペシャル(専門)スキル」を最大限活かすため、必要不可欠です。

どれだけ専門的なテクニックに精通していたとしても、クライアントの課題を聞き出し、自身の価値を売り込むための「コア(核)スキル」、人として偉大であるための「ヒューマン(人)スキル」がなければ、この先の時代を生き残ることは困難になります。

私たちは、この3本柱が揃った人材こそが、今後の社会にイノベーションを生み出す存在であると考え、それらを学び、実践するための場を作り上げるために、取り組みを行なっています。

サロン主催者プロフィール

上野 俊明
上野 俊明
創海株式会社代表取締役
【経歴】

グロービス経営大学院(MBA) 修了。
2004年、EC支援のITベンチャーに入社。執行役員を歴任。
2007年、『楽天』に入社。楽天市場のマーケティング部でデジタルマーケティング予算の策定および運用を担当
2014年、楽天マレーシアに短期赴任し、マーケティングROIの改善を遂行
このマレーシア駐在経験が後のマレーシア家族移住を検討するきっかけに。
2015年4月、社長室直下の新サービス開発室で、新規サービスのユーザ獲得と顧客育成を支援。
2016年9月、データ分析を起点としたデジタルマーケティング会社『GRue』を設立
2020年4月、Webマーケティングオンライン設立
また現在3人の男の子の父でもあり、妻と子ども3人でマレーシア移住を計画中。
機会があれば現地(マレーシア)のレポートもしてアジア動向も伝えていきたい。

【趣味】

バンドカラオケ・飲み・思考・キックボクシング

サロン運用メンバー・プロフィール

辻 成章
辻 成章
■リスティングに携わった経緯

12年前に在籍していた会社で、インハウスのリスティング運用の知見がある人が社内におらず、上司からなんとなく任せていただいたのがリスティング運用との出会いでした。

その後、アイプロスペクトジャパンに入社、本格的にリスティング運用とお客様との窓口をさせていただき、最大30社/月の運用、分析、報告、改善サイクルを回していました。

その後、NTTデータ・スマートソーシングへ転職して、年間3〜5億円規模のクライアント様のプランニング、広告運用を複数アカウント実施。チームでお客様のご要望にお応えできるよう尽力していました。

■底上げサロンに参画した経緯

リスティングプレイヤーとしての限界を感じたのが一番大きな理由です。お客様に、より利益貢献を含めた目標達成のお力添えをしたいと思った時に、お客様の課題感、目標数値をリスティング広告でどう解決、達成するか、これが自分の成すべき事でした。しかしながらお客様とのディスカッションを重ねると課題の本質がリスティング広告ではない事が多々ある状況にぶち当たりました。そのような状況に対面して、現状の自分の力不足を大きく感じてから様々なスペシャリストからスキルを会得したいという発想とともに、マーケティング全体を包括したプランニングできるスキル、もっとお客様に分かり易く説明したり、事業全体のKPIシートやスキームも考えられる人間になりたいと思いました。

一方で、自分のように足りない部分に気付き、意欲的に学びたいという姿勢のサラリーマン、フリーランスの方々に、自分でも何かお役立ちできる事があるのではないかと思い、オンラインサロンを通じて発信ができればと思った事がきっかけです。

【趣味】

オンラインゲーム、話すこと

【好きな食べ物】

麦チョコ

柿崎 裕二
柿崎 裕二
株式会社イノブレ 代表取締役
■SEOに携わった経緯

現在、SEO・コンテンツマーケティングをメインにクライアントをサポートしています。

会社員時代から独学で自分でサイトを作っては潰したり、検証して身銭を切って実践してきた経験が今のサービスに生きています。

独立してからは大手上場企業のポータルサイトのSEOコンサルティング、不動産業界、製造業界、小売業界などさまざまな業種のコンサルティングに携わっています。

■底上げサロンに参画した経緯

日々、自分で情報を取得選択しながら仕事をしてきましたが、独学で学んでいくにはある程度限界があると感じました。

そんなときに、上野さんと一緒に仕事をする機会があり、サロン参加に誘われたのがきっかけでした。

結果、サロンに入って正解でした。
なぜなら毎日のように上質な情報がグループ内でシェアされ、インプットができるからです。また、メンバー間でそのトピックに関して議論が自然に生まれ、即アウトプットにもなります。

それが成長に繋がっていると実感できるサロンはそうそうないと思います。正直、もっと早くから入れば良かったと後悔しているぐらいです。
日々成長していきたい方にオススメのサロンだと思います。

【趣味】

ドライブ

【好きな食べ物】

お菓子、麺類、子どもが好きな食べもの

R.H
R.H
女性 30代
■SNSに携わった経緯

10年間Web広告代理店に所属。リスティングの運用改善を担ってきたが数年前からSNS広告の需要増加とともに携わるように。
独立後には広告だけではなくて広報アカウントとして使用する企業様のサポートを実施。

■底上げサロンに参画した経緯

ロールモデルになる方と同じコミュニティで仕事ができると思ったから。

正直Webマーケターとして成功するには、「独り」で頑張れたり、売上達成できる人のみが成功者だという固定概念がありました。
ですが、GRueメンバーと話したり、仕事をしているうちに、不足している知識があれば、持っている人に聞いて、真似できるところはして、自分のほうがもし説明できる立場にいたらアウトプットをすると相乗効果でレベルアップになるんだと気づかせてくれました。

副業とか独立とかは良くも悪くも人生の岐路の一つだと思います。
リスクを考えることは大切だと思いますが、少しだけ前を行く先輩方のお知恵を拝借しつつ、一歩ずつ進んでいきたいなと思っています。

廣川 直己
廣川 直己
■ウェブ広告に携わった経緯

現在、SNS・リスティング・アフィリエイト広告を活用した、有料集客におけるダイレクトレスポンス領域を中心に顧客支援させていただいております。
大学卒業後、バリューコマース株式会社にてアフィリエイト広告やリスティング広告を6年、サイバーエージェントグループにてSNS広告を1年、株式会社ジーニーにてDSPやSSPを5年、計12年ほどデジタルマーケティングに携わり、顧客との折衝や広告プランニング、広告運用実務を経験して参りました。

直近は、事業計画および戦略策定においてKGI/KPI/KSFを定義し、推進体制を検討するなど、経営や事業視点からドリルダウンし、有料集客や営業活動目標を達成するための事業マネジメントに力を注いでいます。

■底上げサロンに参画した経緯

企業勤めの場合、所属する組織の中の一人としてミッションが割り当てられ、達成することで社内で評価され、昇進や昇格し、報酬アップへ繋がります。
組織からは目標達成のための、行動や必要スキルが定義・要請されることになりますが、経営や事業判断が優先となるため、自分がイメージするキャリアやスキル習得が描いた通りに進まないケースが多分に存在します。
いちサラリーマンとして安定給を得つつ、責任分掌が限定化されながらキャリアを積む考え方を持っていれば、その環境を充分ではあるものの、私も十数年の企業勤めによって、デジタル業務の経験値を一定積み上げてきましたし、昨今の企業勤めが必ずしも安泰ではなく、個がこれまで以上に重要視される時代であることから、独立を決意し、主宰の上野さんとの出会いから、本サロンへ参画しました。

【趣味】

ウィンタースポーツ、ゴルフ、フットサル、写真

【好きな食べ物】

麺類、カレーライス

「底上げサロン」参加の流れ

「底上げサロン」は、Slackグループで運用されています。

お申し込み後の決済完了が確認でき次第、Slackグループへの招待を行います。

「底上げサロン」では、一方的に知識を学ぶのではなく、さまざまな課題に対して共に乗り出せるメンバーを求めています。

「底上げサロン」の料金

「底上げサロン」は、参加メンバーに最大限のエンパワーをもたらすため、日々アップデートを行なっています。

「底上げサロン」への参加方法は2つあります。

・Slackグループ内で学びを深める「通常参加」
・Slackグループ内の学びに加え、主催者の上野からオンラインで直接マンツーマンの指導を受けられる「個別コーチング付き(月1回60分)」。

少人数制で、最良の成長を促すため、どちらの参加方法でも、参加後は事前面談を実施しています。

「底上げサロン」(通常参加)
5,000円(税込)

企業組織に在籍する従業員、独立したフリーランスを問わず、あらゆる業界で活躍するための、包括的なスキルを学べます。

「底上げサロン」(個別コーチング付き)
30,000円(税込)

主催者である上野が直接、オンラインビデオを利用し、現状足りていないスキルの分析・フィードバックを行います(月1回60分)。加えて、サロン参加メンバーからの個別コーチングの機会を設けるタイミングもあります。

一緒に学び、永続的で「ビジネスの本質を突く知識」を手に入れましょう。

変化をもたらすアイデア、最先端のスキルを合わせ持ったアプローチで最良の結果を出し続けるためには、時間や場所を問わず、恒常的に学ぶ必要があります。

多くの人に、継続的な学習を行う義務はありません。

しかし、ビジネスの短命化に拍車がかかる現代、社会に対し価値を提供するのは「学び続ける人」であると、私たちは信じています。

主催者の上野をはじめ、「底上げサロン」メンバーの多くは、企業組織で従業員、経営者、フリーランスとして、試行錯誤を繰り返し「スペシャル(専門)スキル」「コア(核)スキル」「ヒューマン(人)スキル」を継続的に学び、スキルを身につけてきました。

進むべき道もわからず、何を学べばいいのか、自ら調べなければならない状況は、結果的に間違った情報に振り回され、遠回りしてしまう可能性を孕んでいます。

底上げサロンでは、参加メンバーに対し、無駄なステップを示すことは決してありません。

変化の激しい時代を勝ち抜くため、WEBマーケターとしての土台を作り、自身のレベルをさらに数段上に押し上げたいと願う方は私たちに一度ご連絡ください。

「WEBマーケター底上げ」サロンに今すぐ参加する